本は10冊同時に読め!

成毛眞さんの
本は10冊同時に読め!
本を読まない人はサルである!
生き方に差がつく「超並列」読書術
を読みました。

成功本が好きな人は、
この本を一度読んでみてください。

すでに感じている人も多いと思いますが、
お金持ちの人と庶民という名の貧乏人の
二極化がドンドン進んでいくと言われて
います。

この本は、庶民は庶民と同じことを
しているから庶民なんだ!ということを
言っています。

ここには、強く共感できます。

著者の成毛眞さんは、35歳にして
マイクロソフトの社長になった人です。

説得力があります。

成毛眞さんは、とにかく人とは
違うことをしてきたと言います。

また、この本を買ったときは、
10冊同時とは、似たようなジャンルの
本を10冊読むと思っていましたが、
違います。

全然関係ない本を、同時に10冊読むことで、
他の人が思いつかないようなアイデアを
出すことができるようになるというのが
面白かったです。

もう一つ、自分にとって忠告になったのが
本の選び方です。

著者の本の選び方はとてもイケてると思いました。

逆に自分の本の選び方は、
なんと格好悪いのかと恥ずかしくなりました。

本にカバーをかけて、本棚も人に見せられない
ような本の選び方はしたくないと思いました。

とにかく、人に見せれないような本選びは
しないということです。

成功本ばかり並んでいる本棚は
ハッキリ言ってダサいということです。

本は人生を楽しむ知恵の宝庫。

カッコイイ本だと思います。

成功本ばかり読んでいる人には
一度読んでもらいたい本です。

松島式速読術プレゼントはこちら
メールアドレス ※

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

リラクゼーション系エステサロン