本は自分で選んではいけない!

あなたは、どうやって本を選んでいますか?

声を大にしていいたいのは、

【本は自分で選んではいけない!】

ということです。

本は自分で選んではいけません。

人は良くも悪くも読んだ本から
大きな影響を受けて人生を歩んで
いると思います。

楽しみで読む小説も1冊の本を読むということは、
長い時間をその本と付き合っていくことになります。

本を買う1,000円や2,000円よりも、
その本を読んでいる時間や
その本から受ける影響のほうが
よっぽど大きいと思います。

1冊の本で人生が変わってしまう。

なんてことは、良くある話だと思います。

本を選ぶということは、とても重要なことです。

なぜ自分で本を選んではいけないのか?
というと2つ理由があります。

1つ目の理由は、
知っている内容ばかりの学びの少ない
本を選んでしまう傾向があるからです。

人間は、本を読み勉強したいという気持ちとは
裏腹に変わりたくないという願望を持っています。

今の考え方や習慣を変えたくないのです。

本能的に今のままのほうが楽だと感じているからです。

よーくいつも読んでいる本の傾向を
見ていると気づくのですが、実は
似たようなことが書いてある本ばかり
選んでいるはずです。

自分は、正しいと思いたいのです。

これでは、新しい学びは少なくなってしまいます。

そして、もう一つの理由は、
くだらない本を選んでしまう可能性があるからです。

本を選ぶ基準はいろいろあると思いますが、
そう簡単に素晴しい本に出会えるものでは
ないと思います。

例えば、小説で最初のほうは面白かった
けど、途中からストーリーがまとまってなくて
つまらなくなってきた。

内容に信憑性がない。

ノウハウ本だけど、実践できそうにない。

など。

望んだ結果を得られない本に出会って
しまうことも少なくないと思います。

本の内容を忠実に実践したのに、
逆効果になってしまうこともある
かもしれません。

こんな本は貴重な読書の時間をムダに
するだけではなく、その後の人生も
ムダにしかねません。

じゃあどうやって本を選べばいいのか?
ということですが、それは簡単です。

【紹介された本を読む】です。

尊敬する人や知人の紹介だと、さらにいいと思います

紹介された本では、まず失敗が少なく
なりますし、自分で選んでないので
新しい学びを得ることが多いです。

尊敬する人や知人が紹介している
本が見つからない場合は、ランキングの
上位から順番に読んでいくことやオススメ本を
紹介している本、または書評や口コミを参考に
するのもOKだと思います。

もちろん読みたい本は自分で見つけるのも
OKですが、自分で選ばないで本を読むということを
試してみてください。

新しい学びが生まれることが多いです。

松島式速読術プレゼントはこちら
メールアドレス ※

サブコンテンツ

このページの先頭へ

リラクゼーション系エステサロン