なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか?

資産倍増プロジェクトの
『なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか?』
を読みました。

前回、前々回に引き続き、投資信託の本3冊目です。

本当は、投資信託だけではなく、これらの3冊、
+株の本を4冊ほど買いましたが、自分の場合は
投資信託の本3冊で十分でした。

この本に関しては、全部読んだわけではありません。

これまで、2冊読んできたので、どちらかというと
知識などを足りない部分を補う感じでパラ読みをしました。

投資に関するいろんな考え方や新しい情報を
いくつか知れたので良かったと思います。

また、投資信託について気になったことがあると、
この本を見ると知りたい情報が見つかったので
とても助かりました。

また、この本で信託報酬が安くよさそうな
投資信託を1つ見つけられたのも良かったです。

また、タイトルどおりですが、
ネット証券で投資信託を買うというのが
自分のやりたかった投資法です。

この本では、窓口で株を買うことのデメリットに
ついても詳しく解説されています。

窓口で、積み立て型の投資信託を買う投資法では、
一度設定してしまえば後は、ほったらかしの投資法です。

株で1千万儲かった、1億儲かったということには、
まずならない投資法ですが、安心してお金を
預けることができると思います。

今回、投資信託をはじめるに当たって、本を
読むだけではなく、人にも相談をしました。

元証券会社で働いている人に聞いたところ、
株はやめたほうがいいということでした。

まあ、証券会社を辞めちゃうぐらいなんで、
あんまり好きじゃないんだろうなとは思います。

ただ、その人が言うには、損をする、得をする
という話ではありませんでした。

株など投資を始めるとニュースを見るようになる
というのは、多くの人が聞いたことがあると思います。

これは、ニュースが気になっているんじゃなくて、
自分の株がどうなっているのか?これからどうなるのか?
何か他に上がりそうな株はないか?そろそろ株の売り時か?
などいつも気になってしまうそうです。

いつも、頭の中は株のことでいっぱいになり、
株価ばかりが気になっている人間になってしまうそうです。

度が過ぎれば仕事や人間関係にも支障をきたすと思います。

もしかしたら、積み立て型の投資信託もそれに
近い部分があるのかもしれません。

ただ、それよりはマシだと思うし、
銀行に預けておくだけよりも、お得だし
安心だと思います。

また、株価が上がれば、もちろん自分の資産は
増えますし、例え下がったとしても、より多くの
株を買うことができるというメリットもあります。

あまり、株価に踊らされることもないのかなと思っています。

私の場合は、3冊の本を読み、
投資する投資信託もすでに申し込みをしました。

ここで一度、投資の勉強は終了しようと思います。

松島式速読術プレゼントはこちら
メールアドレス ※

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

リラクゼーション系エステサロン