奴隷区 僕と23人の奴隷

岡田 伸一さんの奴隷区僕と23人の奴隷
を読みました。

この本は、モバゲーで完結しているもので
上位に来ていたので読みました。

とても読みやすく、面白かったです。

この本では、SCMという機械が出てきます。

SCMというのは、奴隷を作ることができる
機械です。

SCMをつけている人同士が何か勝負を
して勝った人は負けた人を奴隷に
することが出来るという物語です。

人一人を奴隷にするということは、
ものすごぐ欲を駆り立てられます。

SCMで奴隷になってしまうと、
どんな命令でもNOということが
できません。

奴隷になってしまった人の、
絶望も読んでいて面白いです。

また、SCM所有者同士の駆け引きなども
読んでいて面白いです。

松島式速読術プレゼントはこちら
メールアドレス ※

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

リラクゼーション系エステサロン