アイデアが溢れる読書術

アイデアを出すときに、本は
メッチャ役立つツールの一つです。

文章を書くとき、仕事で企画をするとき、
友達や恋人にサプライズをするとき、
アイデアの出し方を知っていると便利です。

最近では、ネットを使えばいろんな人の
アイデアを参考にできるので、自分で
考えないでも何かはアイデアを出すことも
できるはずです。

でもヤッパリ、自分オリジナルのアイデアを
出したいものです。

そこで、オススメなのが
アイデアが溢れる読書術です。

この読書術を使えば、人を驚かしたり、
喜んでもらったり、仕事で成果を上げたりと
独創性が溢れたアイデアマンになることができます。

人のアイデアをパクっているだけでは、
つまらないですよね。

それでは、アイデアが溢れる読書術ですが、
4つのステップでアイデアを出していきます。

STEP1:アイデアの目的をハッキリさせる

STEP2:複数の本を速読する

STEP3:のんびり散歩か昼寝でもする

STEP4:アイデアが閃く

これは、無意識をうまく活用した
アイデアの発想法ですが、複数の本を
速読することで大量の情報をインプットして
からアイデアを出すことがポイントになります。

本を選ぶときには、もちろんそれに関連した
本も読んだほうがいいのですが、あまり関係の
ないような本を混ぜておくことで独創性の
あるアイデアが生まれやすくなります。

また、速読の部分ですが、拾い読みでもOKです。

用は、熟読せずにたくさんの本を
軽く頭に入れておく感覚がいいと思います。

そして、このアイデア発想法で重要なのは
STEP3ののんびりやボーっとすることです。

一見アイデアは、根を詰めて考える
と出てくると思うかもしれません。

でも、実際は、ボーっとしているときや
のんびりリラックスしている時、あと
散歩など歩いているときにアイデアは
閃くことが多いです。

もちろんただボーっとするだけではなく、
根を詰めて考えたり、目的を考えたり
情報をインプットすることが必要です。

何かアイデアがほしいとき、
アイデアが溢れる読書術を使ってみてください。

松島式速読術プレゼントはこちら
メールアドレス ※

サブコンテンツ

このページの先頭へ

リラクゼーション系エステサロン